別館

2012年02月26日 Sun

メタセコイア並木 その2

先週につづき、メタセコイア並木を撮ってきました。
(写真はクリックすると大きくなります)

120226meta01.jpg

家の近くでは結構吹雪いていたので、写真撮れるかなぁ〜と心配していたのですが、現地に着くとちっとも降っていませんでした。
もっと積もっていた方が良かったのになぁ。(苦笑)

120226meta06.jpg

他にも写真を撮ったので Jango's photo gallery に置いておきますね。
日付を見てビックリ!
なんとフォトギャラリーは3年半ぶりの更新でした。ははは。
posted by Jango at 20:16 | 石川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 写真

2012年02月23日 Thu

メタセコイア並木

週末は土日仕事だったのですが・・・
日曜日の午前中に久しぶりにカメラを持って撮影に行きました。
(写真はクリックすると大きくなります)

120219meta04.jpg

人気の場所なのか現地に着くと先客がおりました。
邪魔をしないようにスルーして、しばらくしてから撮影したのですが・・・
面白い発見がありました。
↓ 先客のあしあとが残っているではありませんか。

120219meta08.jpg 120219meta02.jpg 

もちろん、同じ場所に立ってみました。
なるほどこのアングルねぇ〜などと感心しながら撮るのは楽しいです。
そして僕もたくさん新しい足あとを残して来ました。
さらに次のお客さんに笑われてたりしてねぇ。ははは。

120219meta01.jpg 120219meta03.jpg

120219meta05.jpg 120219meta07.jpg

家で写真を見てから、あーすれば良かった、こーすれば良かった、あそこから撮るの忘れたと反省点が多かったので、たぶんまた撮りに行くと思います。

なんか新しいカメラが欲しくなってきたなぁ。(汗)
posted by Jango at 19:32 | 石川 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 写真

2012年02月22日 Wed

トマトジュースを毎日飲んでもメタボは改善されない

じつは僕、高血圧なんですよ。
血圧を下げようと、ここ半年間くらい毎日トマトジュースを飲んでいます。

トマトジュースの中にあるリコピンという成分が血圧を下げる効果あるからです。
でも、「トマトジュースだけ飲んでいれば血圧が下がる!」なんて甘い考えは持っていませんし、驚くほどの効果がないことは身をもって体験しています。

ただ、別の方法との合わせ技で、かなり血圧が下がっているのは事実なので、その辺は後日くわしく書き記しておこうと思っていますが・・・

今日のお題はこのトマトジュース。
ご存知の方もいるかも知れませんが、今トマトジュースが手に入りません。

今月10日、京都大大学院の河田照雄教授らの研究が、米科学誌に掲載されたのが原因のようです。

トマト、メタボ予防に効果=脂肪燃焼の新成分発見―京大
時事通信 2月10日
 血液中の脂肪増加を抑える新成分がトマトに含まれていることを、京都大大学院の河田照雄教授らの研究グループが発見した。
マウスを使った実験で、血液などの中性脂肪量を抑制することが確認された。メタボリック症候群の予防に効果が期待されるという。10日付の米科学誌プロス・ワンで発表した。
 河田教授らは、トマトの実とジュースの成分を精密に分析。脂肪の燃焼を最も活性化させる成分として、不飽和脂肪酸のリノール酸に類似した物質を特定した。
 この物質を化学的に合成し、肥満マウスの餌に0.05%加えた結果、4週間で血液と肝臓の中性脂肪が約30%減少した。
脂肪燃焼に関わるたんぱく質の増加やエネルギー代謝の向上、血糖値の低下も見られた。


河田教授は「人間の場合、毎食コップ1杯(約200ミリリットル)のトマトジュースを飲むことで同様の効果が得られる」と話しているそうです。

たしかにある程度の効果はあるのでしょう。
半年間、毎日トマトジュースを飲んでいた僕がハッキリと言います。

トマトジュースを飲んでもメタボは改善されません!

むしろ体重は増えたし、体脂肪比も微増でいまだ軽肥満状態。
重ねて言いますが、ある程度の効果はあるのでしょう。きっと。

バナナダイエットが流行ればバナナが店から無くなり、ここ数ヶ月間、毎日我が家で食後に食べていた「R1ヨーグルト」はインフルエンザに効くと報道されるや、これまた手に入らなくなった。

う〜ん。それでよいのか日本人よ。
マスメディアの影響力の強さを感じる一方で、あふれる情報の信憑性を見極める目や心をもつ重要性を再認識させる出来事のように思います。

どこぞの国のように誰かに情報を操作されたとしたら・・・
この国を憂わずにはいられない。

アメリカにはこんな小咄があるそうです。

遭難した客船から、乗客が救命ボートに乗り移るが、ボートの数が足りず、若い男性客は浮き輪1つで海に飛び込んでもらわなければならなくなった。

ドイツ人を飛び込ませるにはこう言えばいい。
「諸君、これは命令だ!」

イギリス人を飛び込ませるには、
「諸君、これは名誉なことだ!」

そして、日本人を飛び込ませるには・・・
「もうみんな飛び込んでますよ!」


そんな日本人になってたまるか。
posted by Jango at 19:15 | 石川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月13日 Mon

事故(T▽T)

自動車事故に遭いました。(T▽T)
娘を学校に送る途中だったので、かなりビックリしました。
幸いにも、こちらも相手方も怪我人はなかったのですが・・・

状況を簡単に説明すると・・・
僕は片側一車線の優先道路。
相手方は、「止まれ」の標識のある細い路地。

僕が優先道路を直進中、相手は止まれの標識の前で一旦停止。
その時の相手者までの距離は約30mくらいだったろうか。
一旦停止したのを横目で確認し、減速せずに直進したところ、突然相手車が直進。

たぶん、あの時の状況を「ゾーン」と言うのでしょう。
スローモーションで相手の車が僕の車に向かってくるのが見えました。

事故.jpg

絶対に避けられないの悟り、とっさに左にハンドルを切り・・・
直後に運転席側(僕の真横)に相手車が突撃。

当たったときの衝撃で左側に押し出され、道路の左側の田んぼが目に入り今度は右にハンドルを切る。
するとさらに相手車は直進したため僕の車はほぼ180度回転(スピン)したような感じになり・・・
間一髪たんぼに落ちず。

いやぁ・・・ホント・・・ビックリしたよぉ。(涙)

雪も降ってないのに・・・
相手側から視界を遮る障害物は何もないのに・・・
あんな見通しの良い道路でなぜ僕の車に気がつかなかったのか・・・

なんで???
どうして???

相手の運転者に聞けば、
「すみません。ぼぅっとしていたのか、全く気がつきませんでした。」

相手の車にも中学生と高校性の子供が乗っているじゃありませんか!!

おぃおぃ、ちゃんと周りを見て運転しようよ。
少なくとも大事な命を二人もあずかってるんだから・・・
気がつかないじゃすまないぜ?

すぐに警察を呼んで現場検証。
「jangoさんの車は何キロくらいスピード出てました?」
「えぇ〜と・・・40km/hくらい?」
「う〜ん・・・もうちょっと出てたかなぁ?」(苦笑)
 まぁ、この道は50km/h制限道路だから、50km/hでも
 大丈夫なんだけどね。」
「そうですか・・・」(汗)

気が動転しても自衛本能が働くのでしょう。
すかさずスピードの出し過ぎじゃないよ!ってな数字を叫んでました。

しかしおまわりさんもプロですねぇ。
双方の言い分を聞いて、車が止まった位置関係などから歩測をして・・・

「jangoさんはたぶん40kmくらいで走ってましたね。
 それ以上だとたぶん田んぼに落ちてるし、それ以下だと
 交差点の真ん中で止まっていると思います。」

ほぅ、そんな風に状況証拠からスピードまで推測できるのか。
などと、感心しました。

30分ほどかけて、現場検証が終わると、すぐに保険屋に電話して状況を説明しました。
双方動いていたので、過失割合(相手対僕)が10対0とは思いませんでしたが、まぁ、9対1くらいにはなるだろうと思っていました。
たぶん、9対1にはなるのでしょうが、僕の保険屋から変なことを言われました。

「jangoさんの車は全損になるかもしれません。」
「え?別に修理で良いですよ?」
「jangoさんの車は古いので、相手方は全損扱いで話をしてくると思います。」
「えぇっと・・・おっしゃる意味がよくわからないのですが・・・」
「つまり、jangoさんの車は年式が古いので価値が10万円くらいしかないのです。」
「はぁ。」
「だから、10万円支払うので勘弁して下さいと・・・」
「はぁ?何で?10万円修理できると思います?」
「できないと思います。」
「じゃぁ、修理代が30万円だったらどうなるんですか?」
「20万円はjangoさんが払うことに・・・」
「はぁぁああ??相手が過失9割でも?しかも僕、車両保険入ってますよね?」
「たぶん、そう言う話をされると思います。車両保険も時価以上は・・・」
「いやいや、僕の車、古いけど中古で買ってまだローンが残っているんですよ!?
 圧倒的に相手の方が悪いのに僕がお金を払ってなおすんですか???
 なんのための保険なんですか????」
「あくまでも最悪の場合です。」
「・・・・(怒)(怒)(怒)(怒)(怒)(怒)・・・そんな・・・バナナ・・・」

この論理でいくと、たとえ10対0の事故(たとえば、信号待ちの自車に後ろから追突された場合)でも、修理代が時価を超えたらそれ以上支払わない!ってことですよね!?
事故は泣き寝入りが多い聞いていましたが、とんだ災難です。
ところが調べてみると民法上損害賠償額は相手の自動車の時価額が限度なんだそうです。
(ー'`ー;)

まだ確定ではありませんが、幸いにも相手方は対物超過特約という保険に入っていて、全損扱いで支払えない場合でも50万円を上限に対物保険を支払ってくれるのだそうです。
車は直って帰ってきましたし、示談はまだですが、保険屋のいう最悪の事態は免れそうです。

僕はそんな特約があるのは知らなかったし、事故があっても保険屋が全てやってくれると思っていたのですが、今回は勉強になりました。

ほんと・・・事故には気をつけなければ・・・
そして保険にも・・・
posted by Jango at 22:37 | 石川 ☔ | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月09日 Thu

糸川英夫の頭を良くする法

映画「はやぶさ はるかなる帰還」が2/11に公開になるそうだ。
なんとか時間をつくって観に行きたいと思っている。

はやぶさが地球に帰還したときは、日本がこのニュースでかなり盛り上がったことを記憶している。
小惑星「イトカワ」から帰還した「はやぶさ」と言えば・・・

日本のロケット開発の父と呼ばれている故糸川英夫先生を連想します。
「隼(はやぶさ)」や「鍾馗(しょうき)」などの戦闘機や爆撃機を設計した人なんですね。

調べてみると、探査機はやぶさの命名が糸川先生と直接結びつけられているものではないようですが、小惑星イトカワはやはり糸川先生の名前からきているようです。

確か、ずいぶん前に糸川先生の本を読んだはずだと思い、本棚を探してみると・・・
ありましたありました♪

「糸川英夫の頭を良くする法」(ムックセレクト)

本のタイトルを見ると、この本を手に取った当時の自分が微笑ましく思えてくるが、本当に頭が良くなりたいと思っていたのでしかたないか。

内容をほとんど憶えていなかったので、懐かしさもあり20年ぶりに読んでみた。

いやぁ、感動しました。
やっぱり糸川先生は天才だわ!
普通、20年も経つと話の内容も陳腐化してしまうように思うのですが、今でもバッチリ通用します。
今さらながらではあるが、むしろ積極的に取り入れるべきことが盛りだくさん。

本の見所は、随所にあるのでどこが良いとは一概に言えませんが・・・

若い技術者(エンジニア)には是非読んでもらいたい一冊ですね。

特に感銘を受けたのは、「人間は逆境にこそ進化のチャンスがある」というくだりでしょうか。
天才の糸川先生にも、自殺まで考えるほどの大きなスランプを経験しているのです。
(実際はちょっとニュアンスが違うけれどそれは読んでのお楽しみ)
大切なのはそのプレッシャーに負けない精神力とも書かれていました。
追い詰められて、自殺したくなるような思いは僕にもあったなぁ。
(おおげさかな)
ただ、それを乗り越えたときには大きな達成感があり、ひとまわり大きくなれたような気がします。

あ、この本を読んでも頭が良くなる保証はないと、糸川先生も書いてますので念のため。(苦笑)

糸川先生が書いたベストセラー「逆転の発想」も昔読んだはずなのだが、見当たらない。
買い直してまた読んでみようと思っています。
posted by Jango at 19:38 | 石川 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 書籍

2012年02月01日 Wed

スマホ購入♪

やばい、やばい。
今年は更新頻度をアップしま〜す!なんて言いながら、1月が終わってしまいました。
反省。(汗)

写真は我が家の近景。去年12月に撮ったものを蔵出ししてきました。
(クリックすると大きくなります)

11121701.jpg

11121702.jpg

いやぁ〜、相変わらず忙しくしていました。
誰か助けてよぉ〜!ココロにゆとりがないよぉ!(;>_<)

失礼しました。気を取り直しまして。

僕にはいらないと思っていたスマホを買ってしまいました。
去年の暮れ、娘にスマホをねだられまして、クリスマスに買ってあげたんですよ。
(優しいお父さんだねぇ!)
あんまり楽しそうに触っているのを見ていたら・・・
ついね・・・つられちゃいました。あはは。

携帯ではメールもほとんどしないし、小さなボタンで文字を打ち込むのが苦手で、携帯メールの返事はいつもPCから送ってました。
会社で1日中PCとにらめっこしているから、携帯でネットサーフィンする気なんて全くありません。
ゲームもしないし、着うたや着メロをダウンロードすることもないので、当然「パケットし放題」とも無縁でした。

スマホを買うと無理矢理「パケットし放題」のオプションをつけさせられるので・・・

あ〜ぁ・・・無駄な買い物しちゃったかなぁ〜・・・
まぁ、それはそれでブログネタになるかなぁ〜なんて思っていたんです。

ところがですよ。(;゜0゜)
いやぁ、便利!便利!楽し〜い!
(今さら?ってツッコミはなしね♪)

一番重宝しているのは、スケジュール管理かなぁ。

もちろん、前の携帯でもカレンダーに予定を登録していました。
でも、メインのスケジュールはPCで管理していたので、「これは忘れちゃいけない!」みたいな用事だけ、携帯にもアラーム付きで登録していたんですね。
そうすると、同じことをPCでも携帯でも登録しなきゃいけないし、たまに携帯に予定を入れ忘れることもありました。

ゴルフの予定なんかは、ついつい携帯に入れ忘れちゃって、ゴルフ前日深夜にわざわざ会社のPCを立ち上げて場所と時間のメールを確認しに来たりして・・・
まぁ、そんなアホなことをしたこともあったんです。

今はどうしているかと言うと・・・
Googleカレンダーに連動している「LilyCalender」と言うカレンダーソフトをPCのデスクトップに貼り付けて、予定が入るとPCですぐに入力します。
大事な予定は時間指定で携帯にメール送付するようにも指定できるので、予定に合わせて送信メールやアラームを設定。

スマホでGoogleカレンダーのアプリを起動するとPCで入力した予定がちゃんと入っているし、指定した時間(たとえば1時間前とか10分前とか)にメールも届きます。
おぉ〜!感動♪
Googleカレンダーはちょっと飾り気がないので、Googleカレンダーに同期できる「ジョルテ」と言うアプリで予定を確認しています。
もちろん、スマホで入力した予定もちゃんとPCにも反映(同期)されています。

PCとスマホの同期がこんなに便利だとは思いませんでした。

そんなの常識だよ〜!と言う方がたくさんいらっしゃるとは思いますが・・・
備忘録ってことでお許しを。
posted by Jango at 17:28 | 石川 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記