別館

2013年01月31日 Thu

夜のたのしみ

今年こそは、3日に1度くらい記事投稿しようと思っていたのに、1月も末日となってしまいました。
いやぁ〜忙しいです〜。(涙)
休みくれ〜!

失礼しました。気をとりなおしまして・・・
我が家には妻が運転する家族用の車(日産セレナ)と僕が運転する車(ホンダライフ)の2台があるんです。
ローンで買ったセレナの支払いが今年7月で完済するので、新規にローンを組んで、僕のライフを買い換えて欲しいと妻に懇願しました。
平成9年式の古い軽自動車に良くもまぁ我慢して乗っていたものです。
(と言っても中古購入で、実際に乗っているのは3年くらいですが)

7月以降なら買っても良いと妻の了承を得まして、毎晩どの車にしようかカタログを見ながら思案しているところです。
こういう、欲しいものをあれこれ考える時間って幸せだよね〜。
(仕事忘れられるし)

やはり維持費を考えると、イニシャルコストが若干高くてもランニングコストが安い軽自動車をターゲットにしようと考えているんです。
休日にカタログをたくさん貰ってきました。
とりあえず、日産、ホンダ、スズキ、ダイハツ、スバルに行ってきました。
僕の車が古いのは隠しようがないので、ショールーム横の駐車場にライフを駐めると、すかさず営業マンが張り付いてきます。
はい、お察しの通り買い換えのお客さんです。(汗)

営業マンの鼻息に気押されそうになりつつも、色々話を聞いて、2台ほど試乗してきました。
いやぁ、最近の軽自動車はすごいですねぇ。
イモビライザー、キーレスエントリー、アイドリングストップ、衝突防止装置、ABS+ブレーキアシスト等々。
少し前なら高級車にしかついていない機能がてんこ盛りです。

ただねぇ〜・・・なかなか高いですわ。(汗)
150万円くらいでお釣りがくると思っていたのに、ナビ付けて、純正アルミ履いて、少し上位グレードにして色にもこだわって・・・
なんて考えていると180万円くらいになっちゃう?
二駆のノンターボでこの値段はきついなぁ。ははは。

買うのは半年も先なのですが、実を言うとすでに候補がだいぶ絞られてきました。
スズキワゴンRスティングレー、ホンダN-oneプレミアム、スバルステラカスタムが有力ですねぇ。

中でもスティングレーはかなりの好感触を持っています。
ほんとに気に入ったので、先日スズキの株を購入しました。(苦笑)

以前、株でずいぶんな損失を経験しましたので、またやり始めたか!と思われる方がいるかもしれませんが、今回は投機目的ではありません。
もうすぐスズキの決算発表(2/7)がありますが、業績の下方修正で株価が下落しても文句を言うつもりはありません。
試乗してみて、他車と比較して気に入ったのでスズキを応援してみたくなったのです。
新型ワゴンRはずいぶん苦戦しているようですからね。

さてさて、どんな結果になるのでしょう。(笑)

半年後、トヨタ車にしました〜!って言うのもブログネタとしてはOK?
(* ̄m ̄)プッ
posted by Jango at 20:33 | 石川 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月07日 Mon

1Q84

画像をクリックすると楽天ブックス(送料無料)から購入できます。



2012年04月 発売
村上春樹/新潮社

スポーツインストラクターの青豆は、とある老婦人の指示のもと、女性をDVで苦しめる男たちを暗殺する任務についている。彼女は人間の身体の微妙な部分を捉える優れた能力をもっており、首の後ろのあるポイントに細い針を突き刺すことで、心臓発作に酷似した状況で人間を殺害することができる。青豆がその任務に携わるようになった背景には、彼女の過去が関係している。
しかし、ある任務に携わったあたりから、青豆は自分がそれまでの現実とは微妙に異なった世界「1Q84年」にいるらしいことに気づく。
一方、予備校の講師として数学を教える天吾は、小説家を目指して新人賞のために小説を書きつづけている。応募していくなかで知り合った編集者の小松とも親しくなり、小松から無署名のコラム書きや新人賞応募作の下読みなどを任されるようになる。天吾は応募作のなかから、「ふかえり」という少女の書いた『空気さなぎ』という小説を見出し、小松に強く推薦する。小松は天吾に『空気さなぎ』をリライトして、文壇を見返さないかと持ちかける。
青豆と天吾は実は10歳の時に出会っているが、その後は交わることもなく離ればなれとなり、それぞれの孤独を抱えて生きるようになった。そんなふたりが1984年に、同じ「さきがけ」という宗教団体に関わる事件に巻き込まれていく……。


いやぁ、面白かったです。
テンポが良いので文庫本6冊を2週間ほどで読んでしまいました。
ただクチコミを読む限り、昔からの村上ファンの評価は相当厳しいので注意が必要かもしれません。

内容としては1984年っぽい話なんだけど、かなり非現実的です。
もっと説明がほしい部分もちょくちょく出てくるので、その辺が賛否の分かれるところなんでしょうか。
例えが悪いかもしれませんが、映画「ハウルの動く城」を面白いと思えない人にはお薦めできませんねぇ。

一度も話したことがない男女が手をつないだだけで愛することができるのだろうか?
ハゲ頭にそそられる女性なんて本当にいるのか?
でも青豆みたいな女性には会ってみたいかも〜。(笑)
posted by Jango at 00:38 | 石川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍

2013年01月05日 Sat

白山2013

新年あけましておめでとうございます。
皆様のご多幸をこころよりお祈りいたします。

仕事へ行こうと家を出てみると、この時期の北陸にしてはめずらしく良い天気。
家を出てふと山の方を見てみると、白山がきれいに見えるではないか。
急いでカメラバックを引っさげて木場潟に直行。

目的地に到着するなり、すぐさま撮影しようと白山を見てみると・・・
山頂に雲がかかってるぅ〜!(涙)

参りました。ははは。
仕事すっぽかして来たのに〜。

それでも少し風があったので、雲がはれないかと待つことに・・・
30分・・・1時間・・・
ようやく、山頂が現れてくれました♪

(写真をクリックすると大きくなります)
130106haku01.jpg

130106haku02.jpg

久しぶり&2013初の更新なので、パノラマ写真もアップしちゃいます。
やり方忘れてずいぶん時間かかっちゃった。(苦笑)

180度パノラマ写真はここをクリックしてくださいね♪

ということで、本年もよろしくお願い申し上げます。
posted by Jango at 23:59 | 石川 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 写真