別館

2013年06月25日 Tue

下町ロケット

・発売日: 2010年11月
・著者/編集: 池井戸潤
・出版社: 小学館
・サイズ: 単行本
・ページ数: 407p



取引先大企業「来月末までで取引終了にしてくれ」メインバンク「そもそも会社の存続が無理」ライバル大手企業「特許侵害で訴えたら、…どれだけ耐えられる?」帝国重工「子会社にしてしまえば技術も特許も自由に使える」-佃製作所、まさに崖っプチ。

流石は直木賞受賞作です。すげぇ!感動した!
「鉄の骨」で出てきた白水銀行がやっぱり嫌な感じで出てくるんだけど、あんまりにも憎々しげな応対なんで、ついつい主人公に感情移入して
「何なんだこいつらの態度は!」
みたいに一緒に腹を立てて読むあたりは、見事に作者にしてやられたりって感じで、不器用でも真っ直ぐな佃社長にぐいぐい惹きつけられてしまいました。
銀行以外にも嫌なやつがたくさん出てきて、結構ムカムカしながら読むんだけど、最後には・・・
おっと、ネタバレになるところだった。
気がついてみれば買ったその日に一気読みでした。

いやぁ、こういう本・・・若い人にどんどん読んでもらいたいなぁ〜!
激しくお薦めです!

(追記)
実はこの記事、今年の2月に途中まで書いて書いたこと自体すっかり忘れてました。
久しぶりにお友達のブログを覗いてみると・・・
「たくさんのブログ仲間が辞めていってしまいました。」
と書いてあり・・・
僕もその中の一人かもなぁ〜と思ったりして、少しだけセンチメンタル。(ー'`ー;)
なかなか更新頻度がアップしませんが、少しがんばってみようと思います。
posted by Jango at 18:23 | 石川 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 書籍