別館

2011年04月09日 Sat

三度目の復興

金沢大学主催の東北地方太平洋沖地震の被害調査速報を聴いてきました。

やはり、津波の被害はひどい。
通常、地震による被害者数は、「軽傷>重傷>死者」の関係にありますが、津波の被害者は重傷者や軽傷者はほとんどいなくて、無被害か死者なんだそうです。
逃げられれば助かる、逆に言えば、逃げられなければ死ぬ。
寒気のする構図です。

建物も津波が押し寄せた一線を越えるとほとんど被害はなく、押し寄せた場所は何も残っていません。
本当に恐いです。

今回の地震で最も被害の大きかった町のひとつ、「南三陸町」に住む人の津波に対する防災意識の話は大変興味深く聴かせていただいた。
いつもは工学関係者の話ばかりですが、人間科学系の先生の話は新鮮でした。
地震が起こる前に南三陸町の方にヒアリングした内容の紹介でした。

ヒアリングに応じてくれた方には、今回の地震で最後まで町民に避難放送を呼びかけ、津波到達とともに行方が分からなくなった女性もいたそうです。
言葉がありません。

この宮城県北部にある南三陸町は過去に津波による大きな被害を2度経験しているそうです。
869年の貞観地震と1960年のチリ地震。

チリ地震では地球の反対側で起きた地震の24時間後に到達した津波が街を飲み込んだと言う。
この町の人は2度も津波に飲み込まれた街を復興したのだそうだ。

そして津波の恐ろしさを忘れぬよう、街のあちこちの建物に津波で水没した高さが示されている。
公園では、大人の頭をかるく越す高さに津波の水位が示された看板の下で子供達が遊んでいる。

街のいたるところに、避難場所の看板があり、道には避難場所までの誘導サインと看板が示されている。

津波は昼間にくるとは限らないから、看板や避難通路には電灯が設置されている。
夜でも逃げられるように・・・

昨年起きたチリ地震の際には津波警報が発令されると即座に町民全員が避難場所に避難し、津波への危機意識が徹底されていることが証明されたそうだ。

今回の津波でも100%の町民が避難したであろうことは想像に難くない。
にもかかわらず、津波は町民の半分以上の命を奪った。
あまりに惨い。

報道では想定を超える地震と言っているが、この街にとっても想定をはるかに超える津波だったのだろう。
今回の地震は継続時間が長く、避難行動までに要する時間がかかったこと、地震発生から津波到達までの時間が短かったことも被害が大きかった要因の一つだと言う。
無念だったろう。

個人的には津波におそわれる危険性が高い場所に家を建てることは反対だ。

しかし、この町の人は、きっと津波に飲み込まれた南三陸町をみたび再生するだろうと先生は話していた。

それが生き残った彼らの望みだと言うのならば、応援するしかないだろう。
posted by Jango at 18:05 | 石川 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆

2009年03月15日 Sun

Stand and fight! vol.3

過去投稿の vol.1 , vol.2 はこちらです。

2008年9月には米証券会社のリーマン・ブラザーズが破綻しました。
負債総額は6,130億ドル(当時の日本円で約64兆5000億円)という米国史上最大の倒産でした。
米政府は金融危機に対処するため、緊急経済安定化法を下院で採決するも、伝統的な「自己責任」の価値観と、事の重大性を十分に認識していなかった議員の存在により否決されると、世界中の投資家は失望し、この日のダウ平均株価が終値で777ドル安を記録しました。
そしてこの日を境に全世界の株式市場が暴落し、世界金融危機に突入したと認識しています。

ドルは売られ円高が加速すると、輸出が主力のトヨタ、ソニー、キャノンなどの超優良企業は軒並み業績を下方修正し、年末には派遣切りが始まり社会問題となりました。

海の向こうの火事は決して対岸の火事ではありませんでした。

この金融危機により、あらゆる業界で仕事が激減しました。
建設業界では新築物件が激減し、どんなにひいき目に見てもこの時期に独立開業するリスクは大きすぎると判断しました。

ただ、今の会社で景気が回復するまで待つつもりはありませんでした。
幸い「うちに来てくれ」と言って下さる会社が数社あったので、年明けとともに就職活動することにしました。

最初に「お話を伺いたい」と電話をかけた時はさすがに緊張しました。
この電話をかけた瞬間から今の会社を裏切ることになるのだと・・・
そしてもう後戻りはできないと・・・

その1本の電話をかけるとあとは迷いはありませんでした。
いかに自分が会社に貢献できる人材なのかをアピールするために履歴書、職務経歴書を作成し、想定される質問に対する応答もあらかじめ考え・・・

会社の仕事の段取りもあるので、上司にはあらかじめ辞意を伝え・・・
(それも緊張したなぁ)

面接は平日夜か土日にしかできなかったので、大変だったなぁ。(汗)

それでも、この不況の中にありながら、おおむね今よりも待遇が良くなる会社ばかりでしたので、感謝せねばなりません。
逆に、今度は断るのも一苦労。
県内で仕事をする以上、同業者とは必ずかかわりあいがありますからねぇ・・・

結果を申しますと、良いご縁がありまして春から再就職することになりました。
しばらくは孤軍奮闘しなければなりませんが、まぁ、今までの修羅場に比べれば十分闘いに勝つ自信はあります。

今の会社は本日付で退職することにしました。

これまで、ただがむしゃらに突っ走ってきました。
長いようにも感じるけれど、あっと言う間だったようにも感じます。

できれば定年までずっと勤め上げたいと思っていましたが、今は会社が見事再生できるよう祈るしかありません。
転職することは、育てていただいた恩を仇で返すようなものなのかもしれませんが、新天地で僕が活躍することが恩返しだと思ってがんばろうと思います。

明日からしばらくの間は、締め切りやストレスから解放されてゆっくりしようと思います。

自分で言うのも何ですが・・・
今まで良くがんばってきたと思うので・・・
自分へのご褒美として家族旅行でもしてこようと思っています♪

そして、しっかりリフレッシュしてから、新たな戦場に赴こうと思います。

長文にお付き合い頂き、ありがとうございました。
posted by Jango at 21:36 | 石川 ☔ | Comment(7) | TrackBack(0) | 随筆

2009年03月09日 Mon

Stand and fight! vol.2

過去投稿の vol.1 はこちらです。

さてと、続きを書くとしますか。

ピンチをチャンスに変えるのがjango流♪
とは言っても会社が民事再生とはさすがに凹みました。
私生活には全く触れずにブログの更新を続けようと思っていましたが、どうしてもそんな気分になれない状態が続きました。
ひょっとして・・・
と思われたお客様がいたかも知れませんが、まぁ、お察しの通りでした。たはは。

僕の業界は会社更生法や民事再生法の適用は珍しくないので、そう言う会社を調べてみるとだいたい自分の会社が辿るであろう未来が見えてきます。
(そんな業界嫌だよねぇ!でも、僕にはここしかありません)
まぁ、まずボーナスなんて数年は間違いなくありません。
仮に給料が据え置きになったとしても、ボーナスが無い分は減俸ですねぇ。
もちろん、給料カットも十分考えられます。
債権者に支払うべき借金の大半を免除してもらって、会社を存続させてください!ってのが民事再生ですから社員にボーナス払うお金あるなら俺に金返せ!と言われかねませんからしかたがありません。
それどころかリストラに遭わない保証なんてどこにもありません。

それにしても、家のローンもあるし、年々下がってきたボーナスでもあるとないでは大違い。
そこで、以前からやりたいと思っていた独立開業を考えてみようと思ったんです。
姉歯元一級建築士による耐震偽造事件以来、僕の稼業は益々忙しさに拍車がかかり、相変わらず低報酬と良い事なんてまるでありませんでしたが、新設された資格によって需要が増えたのは確かです。
とは言え、経営も知らず安定した顧客も持たず、はたして僕に独立なんてできるのだろうか?

そこに良い本を見つけました♪

最高の建築士事務所をつくる方法



いやぁ、渡りに船とはこのことですねぇ♪

自分の人生の大勝負ですからしっかり読みました。
開業するためのイニシャルコストやランニングコスト、月々の経費や最低限の暮らしをするためにどのくらいの報酬が必要か、開業場所はどこにするか・・・

等々を仕事をしながら調べるのは大変だったけれど、楽しかったです。
融資を受けるための事業計画書や資金計画も作成し、ある程度目処がつくと少しでも有利に開業できるように、創業者支援制度について説明を聞いたり、やる気満々でした。
あれほど反対していた家族(妻)も根気強く説得を続けてようやく納得してくれた矢先に例のニュースが飛び込んできました。(汗)

サブプライムローンに端を発したリーマンブラザーズ破綻。

世界金融危機の引き金がこの時引かれました。
対岸の火事なら良いのだが・・・
との願いはあっけなく裏切られ、あらゆる業界で仕事が激減しました。

こんな状態で独立なんて・・・できるのか??

vol.3へつづく)
posted by Jango at 23:18 | 石川 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 随筆

2009年03月07日 Sat

Stand and fight! vol.1

このブログは未来の我が娘にメッセージを残したいとの思いから書き始めました。
僕の言動や行動が娘の参考になるかは分からないし、結果が良いともかぎりませんが、何か大きな問題が僕の前に立ちはだかった時、父は決して逃げず、あきらめず、闘う男だったと言えるよう努力したいと思っています。
まぁ、その結果が惨敗に終わることも中にはあるけどねぇ。(苦笑)
これまでの人生に、「もうこの世の終わりだ!」「俺はお終いだ!」と思うこともあったよ。
時には「死んでしまいたい!」と思うこともあった。

でも、大丈夫!

あれだけ切羽詰まった絶望とも言える感情も、時と共に平静を取り戻し、逆にそこから這い上がったと言う自信につながるんだ。
娘よ・・・
どうか、どんなにつらい出来事があっても・・・あきらめないで欲しい。


X day

遅めの朝食を済ませ庭の草むしりをする。
いつもと変わらない土曜日の朝。

「会社に行ってくるわ。」
「仕事?」
「いや、今日は会社から招集があった。ヤバイかも知れん。」
「ヤバイって何が?」
「今までこんな呼び出し無かったからなぁ。最悪のことも覚悟しといた方が良いかも。」
「何?最悪って・・・」
「倒産・・・かな。」
「え?だって銀行の融資は決まってるんでしょ?新聞にも出てたじゃないの。」
「うん。そんなことは無いと思うけどね。」

会社に着くと、すでに大勢の社員が集まっていた。
誰に聞いても呼び出された理由を知る者はいないが、経営者から

「厳しい状況ですが皆さん頑張りましょう!」

なんて呑気な話があるとは思えない。
大会議室に入るとパイプ椅子が整然と並べられ、前には会議用テーブル、上にはマイク、クッションのきいた高そうな椅子が4脚並んでこちらと対峙するように置かれていた。
株主総会さながらの重苦しさが漂っている。
社員相手にこの仰々しさは何だ?
信じたくはないが、この光景を見た瞬間、会社が逝ったと悟った。
でも・・・なぜ??

数時間後・・・

外に出ると真夏の強い日差しが容赦なく照りつけていた。
額には暑さからではないであろう、不快な汗が滲んでいた。
不思議と絶望感はない。
ただ、入社してからの苦労が次々と頭をよぎっていった。
車を走らせながらおもむろに携帯から発信する。

「あ、ママ?やっぱりダメだったわ。」
「え?何が?」
「今日の夕方、民事再生の申請するらしい。」
「えぇ?何で?」
「銀行が融資を断ったらしい・・・来週不渡りがでるんだってさ。」
「・・・・」

確かに業績は悪かった。
赤字も続いていたし、もう何年も株主への配当は無配だった。

ただ、銀行からは何人も人が送り込まれ、会社経営は銀行主導で動いていた。
当面の事業計画に必要な資金は銀行が融資してくれることになっていた。
だからこそ、協力業者も手形で仕事を請け負ってくれていた。
何の緊張感も緊迫感も無くこんなにも呆気なく倒産するとは思ってもいなかった。

家に帰り、妻にこれまでの経緯をかいつまんで説明した。
さて、どうしたものかと悩んでもしようがない。

そう言えば、金沢21世紀美術館の招待券があったっけ。
「ロン・ミュエック展」。
行ってみようと言うことになり、家族で美術館へ。
巨大な赤ん坊(ガール:日本初公開)の他、十数点の写実的な彫塑を堪能してきた。

夕食は記念日でもないのにファミレスで外食した。
隠したって隠しきれるもんじゃない。
子供達にも話しておかねば。

「実はなぁ・・・パパの会社・・・倒産したんだ。」
「えぇ?ホームレス小学生になっちゃうのぉ?」
「わははは。大丈夫だよ。ちゃんと給料も貰えるから♪それともこのご飯食べたら解散する?」

冗談はさておき・・・マジでどうすっかなぁ。

vol.2へつづく)
posted by Jango at 18:09 | 石川 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 随筆

2007年03月09日 Fri

人生は旅だ

人生とは人それぞれ行き先の違う旅をしているようなものだ。
中にはハッキリと自分の到達点を目指して旅している人もいれば、目的地が全く分からずに旅している人もいる。
むしろ大半の人は自分の到達点など分からないのではないだろうか。

ただ、それを嘆く必要はないだろう。
次はどこへ行こうかな?ってな具合に気ままに旅していけば良いのだと思う。
ぶらぶら旅をしている中で自分の行きたい目的地を探せば良いし、途中で目的地を変えたって良いと思う。

交通手段?
これがまた人それぞれなんだなぁ。
生まれたときから、新幹線や飛行機に乗せてもらって世界中を旅する人もいれば、生まれてすぐに自分の足で歩かなければ人生の旅そのものが終わってしまう境遇の人もいる。
これを不公平と言う人がいるが、人間平等なんてものは存在しないと思った方が良い。
人間みな生まれた瞬間から不平等なのだから。
日本人の大半は生まれてすぐに親の庇護を受け、旅のスタート地点まで連れて行ってもらえる。
むしろ、今の自分の境遇に感謝しなければならないだろう。
自分の足で歩くしか手段が無いことを嘆くよりも、目の前を通過しようとしている電車に乗り込むチャンスを狙うことが重要だ。

さて、旅をしない人はいないのか?
一つの場所にとどまり、延々と同じ毎日を送り続ける方も中にはいるでしょう。
でも、同じ場所にいるのは結構大変だと思うなぁ。
自分は変わらなくて良いと思っても、まわりは目まぐるしく変わるのだから。
環境の変化に適応していかなければ、生きていくのが辛くなるような気がします。

考え方は人それぞれなので、「こうしなさい!」と言うつもりは毛頭無いし、正解なんて誰にも答えられない。自分で決めるしかないのだ。

僕自身の旅はと言うと・・・
小さい頃はプロ野球選手になるのが旅の目的地だったが、その目的地への道のりはあまりに遠く険しいと知り、高校時代に断念した。
小学校低学年の時から、一日の大半を野球のことばかり考えてきたのでその後は目的地を失い彷徨い歩く放浪の旅が続いていた。
目的地は定まらないが、野球の他に好きな方面に行こうと理系の大学を受験した。
理系の大学を出るとどんな職業があるのかも知らなかったが、それ以外に自分がしたいものが見つからなかったのでしようがない。

大学4年間はバイトと遊びに明け暮れて、ハッキリ言って勉強した記憶がない。
飲む、打つ、買う・・・大概の遊びは大学時代に経験したが、野球に代わるほどのめり込めるものは一つも無かった。

なんとなくパソコンが好きだったので、パソコンを扱う職業に就きたかったが、僕の大学の成績では選べる余地などなかった。
会社の面接試験では現場に行くなら採用してやる!みたいなことを言われて二つ返事でOKしたが、現場とはどんな所でどんな仕事をするのかも知らなかった。
まぁ、あの頃はバブルだったからなぁ。(って全然言い訳になってないが)

不思議なことに、入社してみると技術系の内勤の業務を任された。
ハッキリ言って驚いた。僕を技術屋にするなんてこの会社大丈夫だろうか?と思ったほどだ。
まぁ、好きなPCだけでなくCADやEWS(エンジニアリング・ワークステーション)を触らせてもらったのでラッキーだったが、肝心の実務関係は学校で何も勉強しなかったので使い物にならず、諸先輩方の落胆はかなり大きかったようだ。
ただ負けず嫌いなので、毎日夜遅くまで専門書にかじりついて勉強しながら仕事をしていた。
バブルで現場も超忙しかったが、それでも同期入社の中では、一番勉強しただろうとの自負はあった。
当時は、その日のうちに帰れる日など数えるほどしか無かったし、残業代は無いに等しかった。
今思えば、バリバリの労基違反だがそんなことを知るよしもない。
それに能力が無いから仕事が遅いと思っていたので、休みは欲しいと思いつつ、残業代が欲しいとは思わなかった。
大学で勉強しなかったことは今でも後悔しているが、新入社員時代にガムシャラに勉強したから今の自分があるのだと思う。

ずっと突っ走ってきて、気がつけばあと数年で勤続20年を迎える歳となったが、果たして目的地は定まったのだろうか?
いや、全く定まっていない。未だふらふら気ままな旅をしているようなものだが、ここまでの旅はまぁまぁ順調だったと言って良いだろう。

家族に見守られる中、
「あぁ〜!本当に楽しい旅だった!俺を見習っておまいらも良い旅しろよぉ♪」
と言い残してあの世に行けるよう、まだまだいっぱい楽しい旅をしなきゃなぁ。
posted by Jango at 20:01 | 石川 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 随筆

2006年05月14日 Sun

手紙

最近、手紙を書いている人ってあまりいないでしょうねぇ。
今はメールという通信手段がありますから。

これは僕が勝手に思っていることなんだけど、最近、キレる人が増えてきているじゃないですか。
これは、手紙を書かなくなったからかなぁ?と思うのです。
好きな人からはメールをもらうより手紙を貰った方が断然嬉しいと思います。
書いてある内容がメールと全く同じ内容でも・・・

「あ!丁寧に書いてあって思いが伝わってくるなぁ!」
とか、
「あ!こいつ手を抜いてやがる!」
とか分かるしね。

手紙の悪いところは、出してから届くのに数日、すぐに相手が返事を書いてくれたとしても更に数日、どんなに早くても最低3日くらい待たないと返事が来ないところですよね。
でも、この待つという行為こそ、キレない人をつくるのに大事じゃないですか?
待っている時間は長いけれど、色々なことを想像します。

あの文章はちょっとまずかっただろうか?
まさか怒ってないだろうか?
気に入ってくれただろうか?

もちろん、メールでも同じような心配はするけれど、早ければ数分で返事が返ってくるでしょ?
期待と不安が入り交じって何日も待つことはめったに無いじゃないですか。

手紙の返事を2週間くらい待つなんて、ザラにあったよね。
相手が大事な人ほど返事が待ち遠しくて・・・でも、待つしかなくて・・・
そうやって首を長くして待つからこそ、メールよりも数倍嬉しいんだ。
何日も待った返事で相手が怒っている時は、ものすごく焦るけれど、そうやって礼儀作法を覚えていったもんです。

メールではその人の字を愛おしく思うことはできないし・・・
その人を少しでも感じたくて、便箋の匂いを嗅いでみたりもできない。

通信手段が発達して、便利になるのは結構だが、たまには手紙のもつ温もりを感じてみるのも悪くないと思うねぇ。

こんなことを書いておきながら、手紙を書くつもりは無いのだが。(汗)
今日は母の日だから・・・気持ちだけね。
posted by Jango at 18:38 | 石川 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 随筆

2005年08月18日 Thu

ハインリッヒの法則と逆法則

8月16日、日本航空の旅客機が新潟空港で航空交通管制官の最終許可が出ていないのに、離陸をしていたんだそうだ。
1985年の日航ジャンボ機墜落事故から丸20年を迎えた12日には、福岡空港発のJALウェイズ機のエンジンが火を噴き、多数の金属片が住宅地に落下する事故が起きたのは記憶に新しい。
日航は今年1月22日にも、北海道・新千歳空港で旅客機が管制官の許可なく離陸を始め、別の旅客機に追突しそうになるトラブルを起こしている。

こんなニュースを聞くと「ハインリッヒの法則」をどうしても連想してしまう。

ハインリッヒの法則とは、1:29:300の法則とも呼ばれ、1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、その裏にはケガはないがヒヤリ・ハットした300件の体験があるというものだ。

御巣鷹山の追悼慰霊式が行われた日に事故を起こすなんて・・・
20年前に520名の尊い命が奪われた大事故を決して忘れてはならない。
そして、二度とあのような悲しい事故が起きないよう、軽災害で済んでいるこの時期に、徹底的に再点検していただきたいものだ。



実はこの「ハインリッヒの法則」・・・逆法則があるらしい・・・
つまり、一つの大幸運の前には29の中幸運があり、その前には約300の小幸運があると言うのです。
この小幸運は自らの努力で得ることができ、それは人知れぬところで小さな良い事をすることなんだそうだ。
娘に、「悪いことをするとバチが当たるぞ!」と言っても何の効き目はないが、「良いことをすればきっと幸運がくるぞ!」と言うのはひょっとすると効き目があるかもしれない。
一日一善、年に一度大きな幸運が舞い降りてくることを願いたいものだ。
posted by Jango at 20:14 | 石川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 随筆

2005年08月02日 Tue

みんなと一緒♪

アメリカにはこんな小咄があるそうです。

遭難した客船から、乗客が救命ボートに乗り移るが、ボートの数が足りず、若い男性客は浮き輪1つで海に飛び込んでもらわなければならなくなった。

ドイツ人を飛び込ませるにはこう言えばいい。
「諸君、これは命令だ!」

イギリス人を飛び込ませるには、
「諸君、これは名誉なことだ!」

そして、日本人を飛び込ませるには・・・
「もうみんな飛び込んでますよ!」

う〜ん・・・笑えませんねぇ。(=`´=)

北陸の有力地方紙、北○新聞、北○中○新聞はTVのCMで、「隣も読んでる!」とか「みんな読むよ!」とか平気で宣伝しています。(^^;
これを聞くといつも悲しくなります。
誰も文句を言わないのだろうか・・・

訳あって、僕もこれらの新聞を購読していますが、断じて「みんなが読んでいるから」この新聞を選んだ訳ではありません。

You are special!
posted by Jango at 17:35 | 石川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆

2005年04月18日 Mon

カサブタ

他のブログはどうなのか分かりませんが・・・
Seesaaさんは、アクセス解析がついているんですよ。
分かるのは、何時頃にアクセスが何件あったか、検索ワードは何で、どの検索サイトから飛んできたかとかなんだけど・・・

これがまた、こんなブログを見に来てくれる奇特な方がいるもんですねぇ。
ありがとう。名も知らないあなたのワンクリックが今の僕の活力です。(笑)

以前の日記にも書きましたが、最近やけに弱気なjangoです。
というか、痛みに敏感と言うか・・・

傷って、できたばかりだと触っただけでも痛いでしょ?
今は、カサブタがはって、ちょっと押したくらいは大丈夫?って感じ。
でも、強く押すと剥がれちゃうので文句言いたい人はもう少し待って下さい・・・

人の自慢ほどつまらないものはないけれど、昨日の初ヒットが上向きの暗示になっています。
人間、上に上がり続けるなんてできないもんです。
ジャンプするには、一旦かがまなきゃいけないでしょ?
今、不安定なのでジャンプしようとして人にちょっと押されたらコケるけど、もう少し傷が癒えて押されても倒れないようになったら全力でジャンプします。

ごめんなさいね。抽象的で・・・
posted by Jango at 23:45 | 石川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2005年01月14日 Fri

損と得

損だと思うことありますか?

ひょっとすると損じゃないかもしれませんよ。

得だと思うことありますか?

それは明らかに得です。(笑)

続きを読む
posted by Jango at 23:59 | 石川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆